立地条件に恵まれてはいないが

立地条件に恵まれてはいないが、客はほぼ満杯。カンちゃんの人柄か、料理のおいしさの故か…。グレープフルーツサワーを飲みながら「カンちゃん鍋」に舌鼓。〆はうどん。
卵焼きがうまかったな。なんか、「巨人、大鵬、卵焼き」というフレーズを思い出してしまった。

満腹満腹。

この店には、歌舞伎町時代と同じく「カラオケセット」が置いてあるのだが、誰も歌わない。カンちゃんが入れる「自分の持ち歌」をメインにしたカラオケ映像が流れる。THERMOS知ってる歌が流れたりすると、口ずさんだりして、非常に楽しかった。

21:30ごろお開き。

3人で新宿駅に向かう。大ガードまで来たところで、西武線の私は2人と別れて、西武新宿駅へ。そして、沼袋で下車。

カンちゃんにいるうちに「カラオケ歌いたい熱」が高まって来たこともあり、「クレージーキャッツへ」。
店にいたおじさんに合わせて「蘇州夜曲」を選曲すると、「夜来香」とか「何日君再来」とかの中国歌謡合戦になる。うん、なかなか楽しい。

0:00をすぎたので退店。日曜日は仕事をしないといけないので、あまり遅くまで遊んではいられないのだ(充分遅い、ちゅうねん)。

それにしても、この日は、なんかもうひとつ重要なイベントがあったような気がするんだけど、なんだったんだろうなあ?