今日は母親と京都の南座へ吉例顔

今日は母親と京都の南座へ吉例顔見世興行を見に行ってきました。
年末の京都の風物詩「まねき」が上がってにぎやかです。この「まねき」取り付けの時期にはニュースになりますな(*´∀`)。
歌舞伎役者の名前が手書きの勘亭流の書体で、木の看板に書かれています。ファミリータウン東陽E棟ちなみにこの「まねき」は主役級の二枚目に掲げられる役者。
その次の三枚目の役者という風に二枚目の男、三枚目の男という言葉の。
語源になってるそうですぞ(°∀°)一枚目は座主の名前です。歌舞伎はチケットが高額ってこともあってなかなか見に行けないのですが。
12月の顔見世は俳優さんの顔ぶれも豪華だし、毎年楽しみにしている。
興行なのです