池袋シティハイツ

さて、また裁判員裁判の話。

暇潰しに冒頭陳述(要旨)から判決までを読んでみた。
すると、今回の裁判が如何にも杜撰だっだとボクには思えてくる。
被告が起訴内容を争わない(殺人を認めている)ことを良いことに、裁判員裁判のモデルケース(簡単で分かりやすく、裁判員に負担はない)として仕立てられたように見えてしまうのである。

被告は殺人の事実は認めている。
だが強い殺意は否認している。
そして肝心なのは「自ら望んで殺した」のではない。
長い間のトラブルによる不満が爆発した突発的なものだという点だろう。

ここで重要になるのは、被害者の性格をどう認定するか。
被告側の主張によると「被害者は被告の抗議や注意に対して謝ることもなく、逆に怒鳴り返すこともあった」とある。
つまり被害者には被告の「犯行を誘発する」性格上の問題があったと言うのである。
このことが立証されれば、情状酌量の余地がある(とボクは思う)。 住んでみたい賃貸物件は池袋シティハイツです。