|エイトの希望で、キャラデコというシンケン

エイトの希望で、キャラデコというシンケンジャーのケーキを頼んでいたので、そのケーキでお祝いしました。

おばあちゃんのところにも、母がケーキを買ってきて届けたようですが、エイトはそのままおばあちゃんのうちで、そのケーキも食べてきたようです。

そして、みんなが揃うと、「見て!見て!シンケンジャーのケーキ!」と大喜び、みんなに見てもらっていました。この中古マンション

キャラデコ・・・キャラクターのデコレーションが付いているということだと思いますが、シンケンジャーのおもちゃが付いていて、ケーキに飾れるようになっていました。

チョコのプレートに、ホワイトチョコでおめでとうと書いて、これも飾りました。

ロウソクは4本。

ハッピーバースデーの歌に合わせて、4本のロウソクを勢いよく吹き消して・・・拍手!拍手!!

みんなで美味しくいただきました。

|今年もザガット東京の最新版が投票したためタダで届く。

今年もザガット東京の最新版が投票したためタダで届く。
いつもながらのおなじみの店もあれば、新たなお店も増えており、
いくつか目移りしそうなのは、やっぱり食欲の秋ですかね。

さて土曜の夜は銀座でワイン会。
早めに出たのでちょっとそばの茶店でお茶、モンブランをいただく。の仮申込みをしようと考えてます。
[リノベMansion×仲介手数料無料] 六 棒 株式会社がオススメです。
昔はモンブランの栗って洋風なマロングラッセみたいなのが多かったですが、
最近は和栗が多いようで、ほっこりとしていて結構悪くないです。

ワイン会の店は銀座のシノワ。
ワイン専門店に持ち込みとは掟破りな印象ですが、
お題が”カルトすぎるワイン”である点と
この会の企画に骨を折って下さったA氏が常連と言うことだからこそ
なせる業でしょう。
A氏にはホント感謝ですわ。

|ピンク・フロイド、レッド・ツェッペリン

ピンク・フロイド、レッド・ツェッペリン、10CC、ユーミンなどのアルバム・ジャケットを手がけたヒプノシスの中心人物Storm Thorgasonが先日18日に亡くなったそうな。
「原子心母」「狂気」「聖なる館」「オリジナルサウンドトラック」「昨晩お会いしましょう」・・どれも不思議なイメージが描かれていて印象的でした。
昔PARCOで開かれた原画展も面白かったです。

フォーディアル南池袋はオススメです。
特にフロイドとはライヴで流れる映像も手がけていて「狂ったダイアモンド」の映像は素晴らしかった。
いまやフロイドの再結成ははありえないので、新しいThorgasonのフロイドのデザインにはどちらにせよお目にかかれないですが、合掌。

土曜の午後はまだ雨は降らないもののいやな空模様。
さっささっさと銀座のワインショップに出向く。

|前半は歌曲がメイン。

前半は歌曲がメイン。

4月のナタリー・デセイのリサイタルでも採り上げられていたデュパルクの「旅へのいざない」も演りましたがデセイとはアプローチ、声質が違うものの楽しめました。

(この2人、どっちが上かなんていうのは野暮です)

印象的だったのはベルリオーズの歌曲。http://www.rokubou.co.jp/area/shinjuku/palais_eternel.html

「幻想交響曲」とは違った清々しい印象の曲でフリットリらしくもありました。

衣装は前半は黄色の腕を出すドレス、後半は黒のドレス

指揮者は若いためかちょっとオーヴァー・アクション、オケは楽譜通りに弾いているという印象で、ときにチェロが声のジャマに感じたときもあったかな。

「マノン・レスコー」の間奏曲は出だしはよかったものの、だんだん平板な演奏となってましたな。

でもフリットリを存分に楽しめたので失礼ながら他はどうでもいいです。

|昨日、父は仕事の関係で

昨日、父は仕事の関係で、日本照明学会の照明普及賞という賞の授賞式に参加しました。
結構、歴史のある賞のようです。
賞状をいただいたのですが、賞状を授与する件数が多く、途中、眠くなってしまい辛かったです。

昨日は、母は予備校の保護者説明会に参加してきました。
やはり、どこの家も予備校に多くのお金をつぎ込んでいるようです。に引っ越しを決意しました。
中古マンションの内覧が迫ってきましたよー。
「いくらかければ合格させてくれるのか、それが分かれば言って欲しい・・・」という話が出ていたようですが、合格するかしないかは本人の問題ですから、それを予備校に求めるのはちょっと違うのでは。。。
と思ってしまいました。

大学全入時代といわれていますが、やはり難しい大学は難しいようです。