|無職なのに1万円さらっと立て替えるとか。

無職なのに1万円さらっと立て替えるとか。。

こりゃ当分働かなくても大丈夫だな!。

という駄目思考になるので、使えるお金が手元に有るっていうのは。

宜しくないですね。。

怖い日曜日の体験版やってみました。。

確かに怖かったです。。http://www.rokubou.co.jp/area/setagaya/monarch_sangenchaya.html

でも日本的な怖さというより西洋的な怖さでしたね。。

怖いっていうか寧ろエグいです。。

BL要素有るのかしら。。

恐怖の中で結ばれる2人はお約束だからこそ描くのが難しくありますが。。

しっかし話の全貌が全く見えないまま体験版が終わってしまった。。

製品版やっても判らないままになりそう。

|折角午前中に日記うpするつもりだったのに…!。

折角午前中に日記うpするつもりだったのに…!。

両親が共に休みの日は自由が利かないから困ります。。

母が休みの日も同様。父が休みの日は放置されてますけど。。

昨日はマルコ行ってきました。。

遂にポイント交換する日が訪れましたよー!!。ベルハイム新高円寺 | [リノベMansion×仲介手数料無料]

最終確認だけをすっ飛ばされて4分の3を交換する事になってました。。

いやまぁ、結局自分で選んでもGSより4分の3が欲しいから良いんですけども。。

交換するに当たって、サイズを再確認って事で色々と試着。。

試着好きのサトウには楽しい時間でした。。

特別ボディメイクしてくれるって程でもないけれど、

色んなのを試着出来るって楽しい!。

…いえね、最近体重の増加が著しいから…万が一大きなサイズに。

なってたらどうしましょう的な…

|体験版なので物語の序盤しか出来ない=伏線

体験版なので物語の序盤しか出来ない=伏線等は判らないままなんですが、

良い感じに販促に繋がっていると思います。丁度面白い所で…。

いやまぁサトウはBAD連発してるんでやる気削がれてるんですけどw。

海外は行った事無いので合ってるのか判らないけれど雰囲気は出てて良い感じ。。

スチルの背景はともかく、普通の背景とか台湾ってこんな感じじゃね?と思いました。。

絵自体は…好き嫌いが分かれる云々の前に物凄い同人っぽいです。こちら

塗りの所為じゃなくて、線の処理の所為なのかな?かな??。

スチルになるとガタガタっぷりが目に付くので…サトウは其の。

同人ゲーっぽさが嫌いじゃないのですが、如何にも女性向け!って感じですね。。

絵自体はお上手でも同人世界での話、商業に来るには未だ早いと言われそう。。

多分其れは画材的な意味であって、良い素質は持っているのでしょうけれど。。

三津守さんの顔・体のバランスは流石にツッコミ入れたかったですが…w

|ふっ、ふらついて居ます?大きな侮辱!

ふっ、ふらついて居ます?大きな侮辱!
クルマ好きとしたら逆に「ナビを使わぬ生活」をして見ませんか?
装着した物を外せ!とは言いません。
一度使用した道は極力覚える!たとえナビ電源はONにして有っても
極力見ない!
一番理想なのは自分の脳内HDDにインストールする事!
そうすれば日本国中の道が「通勤路化」しますね。

コーク号にはカードナビが装着されて居ます、此れはねETCと同様。
まあ、実際に使用し便利では有ります。
但し「意外性」軽トラにナビかよ!と言う此のクルマに掛ける
ある種の「意気込み」の表れ。できればグランドパレス田町を買いたいとは思っています。

但しねビートに関しては運転に集中したいんです。
普段、大音量で聞く音楽も此処では聴きません、逆を言えば
運転に飽きる事が無いんですよ!以外?でしょがね。
なもんで、ビートに乗る時の道案内は此れ!
インターネットでプリントした地図を持参、バインダーに挟んでね。
まあ、普段フラフラしてるんで大抵の道は分かります。
其れなら不明瞭な部位のみをプリントすれば事足りる訳ですから。

どんなに便利に成ったとしても「主導権はヒト」
高度な技術にでも人間が使われちゃあ人間本来の本能低下に
拍車が掛かりますね。

|強い風が吹き荒れている。 黄砂を運んで

強い風が吹き荒れている。
黄砂を運んで、吹き荒れている。

この黄砂、なかなかの厄介者らしい。
♪黄砂に吹かれて〜
なんて、脳天気に歌っていられないようだ。

これまで殆ど気にしていなかったが、黄砂は花粉よりも微粒であるという。
つまり、マスクなんか通り抜けてしまうのである。
ということはどういう事かというと、肺にまで入り込むということで、健康を害するということである。

今住んでみたい中古マンションはマンション高輪です。

おまけに、黄砂は中国が無頓着に排出し続けている、汚染物質を吸収してやってくるのだという。
恐ろしい話である。
ミサイルに細菌を仕込んで打ち込むのと同じようなものではないか。

中国は目覚ましい経済成長を続けている。
かつての日本がそうだったように、環境汚染と引き替えに発展している。
だが、日本とは規模が違いすぎる。
地球上の燃料資源を食い尽くし、環境を破壊し尽くさんばかりの勢いである。